カスタマーケース

呉さんの民泊夢

日本で民泊を始めた理由を聞かれますと、おそらく大部分のホストはこの膨大の市場に参入したかったと答えますでしょう。 繁栄している旅行業界と安定した価格のおかげ、短期バケーションレンタルは長期賃貸では得られない収益をホストに提供しています。

本日に紹介する呉さんも民泊業界を投資する多くのホストの中の一員です。民泊を通して収益を得られるという理由以外に、彼自身も民泊を愛用しています。 世界各地からくる観光客と出会い、コミュニケーションをとることは彼を民泊業界に引き寄せた大きな要因です。

東京に在住している呉さんは一戸建てを所持しています。1階2階は自分用で、3階4階5階は長い間空いていました。生活しているうちに、呉さんは空いているフロアを民泊にするというアイディアが浮かびました。当時の彼はすでに民泊を何回も体験しました。日本や台湾に旅行する際、現地の民泊を利用し、素敵な宿泊体験により彼は民泊業界に好意を芽生え始めました。 ざっと民泊経営の事を調べ、また以前宿泊したことある部屋のホストの方法を模倣すれば、民泊経営がそこまで難しくないことだと呉さんは思いました。

民泊に対しての素敵な思い出および自信を持っていますが、呉さんは民泊経営に対しての理解は浅いものでした。 部屋は自身で撮影し、プラットフォームのアカウント作成し、その後たちまちリスティングを登録しました。 部屋を塵一つもないぐらい綺麗に掃除し、ゲストに最高のおもてなしをしても、物件情報の不完全、写真映えが悪かっとことに加え、 物件の場所が繁華街に位置していなかったため、アクセス率が上がらず、1ヶ月の間4、5日の宿泊しか入ってきませんでした。

実際の予約件数と自分の予想と大きく異なっていることを目の当たりにして、呉さんは少し焦り始めました。民泊経営に対して知識不足により、彼は宿泊料金を下げる以外方法はなかったです。 単価が一番低いときは、3、4、5階全部合わせてもわずか5000、6000円でした。しかしそれでも、部屋の稼働率が上昇することがなかったです。

Funkeyと接触した当時、呉さんはFunkeyに対して懐疑的な態度取っていました、ホストである自分でさえうまく運営できなかったのに、あなたにできるか?という疑問を抱いていました。 しかし、Funkeyの担当は真直ぐに「私たちに任せてみてください」と返答しました。

Funkeyが委託された後、最初に宿泊単価を引き上げました、またカメラマン派遣し、部屋の写真を新たに撮影しました。 実際、日本文化を体験したいという観光客に合わせて、呉さんは3階を和式スタイルにリノベーションし、 日本特有の畳に加え典雅のチェストも用意されていましたが、光や角度の問題で部屋の長所がうまくアピールできなかったです。 Funkeyは新たに配置を設計し、撮影し、前の写真を変更しました。

次に、Funkeyは呉さんのためにいくつかの新しいプラットフォームアカウントを申請し、いろんなプラットフォームで一斉に物件を登録しました。このことが呉さんを一番驚かせました。なぜなら、大多数のホストはAirbnbという一つの販売チャンネルしか持ってないからです。数個のプラットフォームを同時に運営すると、アクセス数は増えるが多言語対応やカレンダーの調節が前に比べ一気に難しくなります。また有名なプラットフォームはB2B方式しか受け付けていなく、これは個人ホストでは獲得できないものです。しかし、Funkeyに委託すると、これらの問題点は同時に解決されます。 Funkeyは物件を八つのプラットフォームに登録し、予約機会を増やし、深夜のゲストからの問い合わせも即時の回復ができ、 これらすべてが彼自身で経営した時にできなかったことです。

すぐ、Funkeyの一連の動きで効果が得られました。物件に関する問い合わせや宿泊率が一気に上昇し、カレンダーも生まれ始めました。 宿泊料金も前のように固定した金額ではなく、曜日や季節の変動により変化するということを呉さんは気づきました。 単価が一番高いときは最初の3倍にも及びます、しかしそれでも、各プラットフォームからの問い合わせが絶えることがなかったです。

注:呉さんは年始からFunkeyと契約しました。

(カレンダー:青の部分は予約が入っています)

Funkeyに依頼することで、増え続ける予約や様々の問い合わせに対する対応のおかげ、 呉さんも徐々に自分が欲しかった民泊経営に近づくことができました。本来、民泊生活で和気藹々にコミュニケーションができる雰囲気が大好きで、 今では世界各地の人文や風情を接触する機会が豊富で、呉さんはより懸命に物件の経営に集中しました。Funkeyは一度清掃の委託も提案したが、 呉さんはゲストと同じ家に住んでいるため、清掃のことは自力でできました。Funkeyのスタッフがオンライン対応をしているが、 呉さんはたまにプラットフォームにログインし、ゲストとチャットをしました。

呉さんの丁寧のおもてなしとFunkeyの管理がシナジー効果を生み、状況がますます良くなり、 カレンダー見ても2、3月後まで埋まることが普通になってきました。ゲストからの好評も減ることがなかったです。

もしあなたたちの協力がなければ、ここまでやれなかったかもしれない。あなたたちのおかげで、私の描いた夢が実現できた”と呉さんがそう語ってくれました。彼は今でもストレスなくゲストと交流できる生活を心から楽しんでいます。   この言葉はFunkeyに対して最高の褒め言葉です。ホストと協力し、お互いに共同収益を創出し続けるのが私たちの仕事のモットーであります。これからの協力の中で、Funkeyはより多くのホストに優良な体験や持続的収益を提供していきたいです。